忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
280  279  278  277  276  275  274  273  272  271  270 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて、それでは今日からちょっとずつ文学フリマで入手した本のレビューをしていきたいと思います。

【Daisy Chain vol.06】
小説「わたぐも変化」彩世梨緒

前作と同じ世界で起こる新たな物語。
控えめながら意志の強さを感じさせる登場人物達が相変わらず魅力的なお話でした。筋書きは前作に比べると淡々としたものだったが、主人公を中心とした人々のやり取りに作者の作品への愛着を感じた。

小説「明日、叶え」羽岡元

時代を超えて語られる親子3代の物語。
この方の作品は本当にプロの作家と比べても全く遜色ないように思う。
不思議な物語なのに違和感なく読めるのは、登場人物それぞれの真剣な思いをきっちり描けているからだと思った。
こういう作品を書いてみたい。いつか。



やはりDaisy Chainは一本一本にしっかりとボリュームがあって面白い。物語や登場人物それぞれに対する筆者の愛着と真摯な態度が、装丁も含めてしっかりと伝わってくる本だと思います。

あと、巻末のマンガも面白かったです!



さあ次は何を読もう!


文学フリマ第十回トラックバック:http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20100523
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]