忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
277  276  275  274  273  272  271  270  269  268  267 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


お久しぶりです、本多です!

一昨日、われわれInside Outは最新の6号を引っさげて文学フリマへ行ってきました!

Inside Explorerやみじんこ洞さんのおかげで文フリ界隈の知り合いも増え、川端君は関係各位への挨拶周りでとても忙しそうでした。

僕の方はというと今回はブースで一生懸命Inside Outを配っていました!拙著「長い手紙」が今回で完結ということもあり、いつもより頑張って配ることができたように思います。

「長い手紙」を1人でも2人でもいいので最初から最後まで通しで読んでほしいと切に願います。



さて、今回は読んでレビューをする本を先に決めておきたいと思います。



①僕のなかですっかりおなじみの「Daisy Chain」。
しっかり読める物語が魅力です。

②色々とお世話になっている「lapis」。
二郎についての記事に興味があります。

③そして「names」。
待望の2号目です。おまけもついてとてもかわいい。

④若い力「新波小説団」。
やはり若者がどんどん出てくるような場でないといけませんね。

⑤斜め前だった「サンカク」。
正直内容をあんまりわかってないのですが、表紙の見た目とは裏腹に小説が多くて買ってみました。



こんなところです。実はこれらは全て今我らがボスのおうちにあるので週末にでもとりに行って読もうと思います。ボスの家に他にも面白そうなものがあったら適宜レビューします!

さあ、次は何を書こう。



ところで6月のInside Explorerは6月5日(土)19:00~です。

みなさん!文フリが終わっても創作を続けるのだ!

文学フリマ第十回トラックバック:http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20100523
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]