忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
281  280  279  278  277  276  275  274  273  272  271 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


遅くなりましたが、文学フリマお疲れ様でした。川端です。
Inside Outはざっと6号:368部、5号:33部、4号:30部、3号:27部を配布。
また、売り物の童話は6部売れました。総計464部!
本当にありがとうございます。。。!プリーズご感想!

僕の手に入れたモノリスト。(ランダム)
・本当はこの文章系同人がすごい 2010春
文学フリマを影からインタラクティブにしている雑誌。
アンケートやレビューを募って一冊にまとめた本。本当にすごいと思う。
僕や本多もアンケートを載せてます!Inside Outについて書いてくれた
方、
本当にありがたいです・・・!

・M@D AGE vol.2
今回の文フリではvol.3を出す予定だったそうですが、
残念ながら間に合わなかったそうです。僕はもらってなかったvol.2をもらいました。
フリーペーパー仲間。デザインカッコいい。

・何故? vol.4
お値段はご自由に。というradio head式を勇猛果敢にやった、
前衛的なサークル。サイトが真っ赤なのも前衛的!w
主催の森井さんと仲良くなって、今回喫煙所で色々話して、そしてマイミクに。。。
森井さんと飲みに行きたいけど、遠いんだよなーw

・雑誌サンカク
今回ブースが右斜め前で、なんとなく目が合って、
お話させていただいたサークルさん。主催の方がスーツで決めてて、
思わず、「会社としてやってるんですか?」と聞いた覚えがw
でも多分、そういう風にしていきたいと思ってるんだろうなと、
感じるような完成度。twitter担当がいるとか。。。w
じっくり読む。

・漫画雑誌 月刊架空
なんと!あのガロが帰ってきた!?
ガロの編集さんが独自に始めた同人誌。
ガロの精神を受け継ぎ、作家さんも何人かガロ出身という、
まさにガロの生まれ変わり。すげーの出てきた。

・年中無給。 せまくてすてきな宇宙じゃないか
何度かInside Explorerに来ていただいた蜂蜜猫の八坂さんの作品。
文庫サイズがいい感じ。じっくり読みたい。

・季刊わせぶん春号
ホントに色々お世話になってる早稲田文芸会のサークル誌。
毎回装丁が違うのはなんでかな?と思いつつ、それはそれでw
面白い作品がありそうな予感。

・S.E. vol.3
これも去年入手できてなかった一冊。
左隣のラスプーチンさんのメイン雑誌。なんとあの石原千秋のインタビューが載ってる!
早稲田文学の市川真人さんのインタビューも。。。!?
なるほど、これはすごい。。 じっくり読みます。

・紀尾井文学 2010 winter edition.
これは衝動買い。浅田次郎先生の講演録が載ってる。
分厚いのに確か500円くらいだったから買った。
編集も頑張ってる感じが伝わる。。。

・文芸同人LOL 第9号・第11号
前から気になってたけど手がでなかった雑誌。
今回出してみた。10号は売り切れてた。しょんぼり。11号が最新。
薄さがいい感じで、2~300円だったような。
今見ると結構編集も拘ってる感じがする。。。
ちゃんと文芸やってる。見習いたい。

・破滅派 6号
言わずと知れた破滅派。
毎回買っている一冊。代表の高橋さん太りすぎワロタw
毎回すげー。今回高橋さんはインタビュアーで中原昌也氏と対談してる。
高橋さんの小説読みたかったなー。文芸賞自分らでやっちゃうのは勇気の業だと思う。
じっくり読む。

・DAISY CHAIN vol.05&06
うちの本多が大のお気に入りの雑誌。
前回金なくて買えなかった05と、新刊の06を合わせて購入。
ホントにおしゃれで、内容も長い小説が3本とか。たしかWeb系デザイナーの人がやってるはず・・・
表紙が写真で、ロゴは入ってない。その代わり、ロゴ入りのシールが2枚ついてて、
それを好きな場所に貼ってくださいというスタイルを創刊号から貫いてる。
すごくいい。じっくり読む。

・「 」MAGAZINE
今回個人的に一番衝撃を受けた本。
文章一人、デザイン一人の計二人で出していて、
文章がそれぞれ味がある上に、デザインがかなり深く文章とかかわってる。
テーマが「文学とデザインの融合」というのだから、やられた。
本当にすごい。聞いたら、やっぱりプロだった。職人だと思った。
真夜中って商業誌のデザイナーなんじゃないかとひそかに疑っている。
名刺もらった。じっくり読んで、感想をメールで送ろう。

・names vol.2
第八回文学フリマで衝撃を受けた。
編集が明らかにプロの業。作家もプロ。商業っぽくなくて、自由にやってる感じ。
今回、そのvol.2が出たので、即買い。
ひそかにtwo minite warning氏(編集さん)を尊敬している。
雑誌としてカッコよすぎる。じっくりじっくりじっくり読む。

・新波小説団 団誌二号
今回うっかり買うの忘れた!でも本多が買ってて、
いまウチにある。本多が取りに来る前に読み終える!
若いパワーを感じる新波。メインの3人がまた気がいいやつらで!
なんかもう愛おしさすら感じる。また飲もう!

こんなとこかな。。
ちゃんと読んだら簡単なレビューを上げます。頑張る!



今日はInside Explorer vol.15でした。
テーマは”the night”。相変わらずしゃべって創作。
今回は新しい試みが受けたのが印象的でした。
こちらで創作の素材を用意して、それを使って創作しました。
毎回やってもいいかも、っていう手ごたえあり。
俺自身、アイデアに繋がったし。
ただ、こういうの用意するとそれにひっぱられちゃうのは考え物。

あと、新企画train trainをやりました。
毎月一回、集まって書いたものを見せ合う!
やんごとなき理由がない限り絶対参加!がルール。
俺は漫画を書きます。年間目標プロット10本、ネーム5本、完成1本。
プロットの種が3つくらい生まれて、今日はおしまい。
次のトレトレまでにその3つをちゃんとしたプロットにする!

そんな感じです。



IEの飲み会に来てくれた三井氏が、
スタッフになってくれることが決定!
デザインできる、プログラミングできる、アプリ作れる。
そしてちょーーーーー面白い。同い年。あんなに明るい人、そういないw
これからよろしく!



あれっ。
気づいたらもう夜3時ですか。そうですか。
飲んだ勢いでブログ書いたらこんな時間さー。

最後に。
エヴァ破やっぱすげー面白い。
新作シーンのシンクロテストのとこ、作画誰!?
エヴァとしては好き嫌い分かれそうだけど、個人的にはすげーよかった!

川端でした。おやすみなさい。

第十回文学フリマトラックバック
http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20100523
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]