忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
57  56  55  51  50  49  48  47  46  45  44 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ご紹介ありがとうございます。 この度、Inside outスタッフに加入致しました菅野桂太と申します。これからどうぞ宜しくお願い致します。 ...分かりにくいつづきはこちら→

■ 立ち位置が不明瞭なままの加入。まずは立ってみようと。これが他人にどう捉えられるのか。発行人の川端君はどう感じているのか。人への興味が結局飽きない。 ■ 彼と初めて会ったのは、2005年の6月頃だったかな。あれ、2004年か。きっと箱詰めされた当時の資料に残ってるはず。引っ越し後に見てみよう。出会った場所はきっと高田馬場駅近辺だ。彼と会うのは大体決まって高田馬場駅か、西早稲田。この辺りは、煙草を吸いながらコーヒーを飲める場所が豊富で好きだ。煙草と言えば、喫煙者の方にはおなじみの「taspo」だが、これについてはまたの機会に書こう。 ■ 当時を振り返ると、今でもその名残はあるけれど、やたらと太かった彼の首や腕に目が真っ先にいったことを思い出す。拳法やアメフトのトレーニングによるものだったのだろう。トレーニングは特異な身体を作りだす。早稲田大学スポーツ科学部(埼玉県所沢市)に在籍して5年目になるが、本当に変な身体を持った人が多い。やたら首が長い、手が長い、足が短い、腰が太い、尻が丸い。ちょっと面白い環境にいたんじゃないか、と卒業前に気付く。この環境についても、まとめていきたい。きっと、所沢の「早稲田」と西早稲田の「早稲田」とでは同じ「早稲田」でも違ってくる。こういったことは往々にしてあるに違いない。入学して初めて所沢に校舎があると知った友人もいるが、それはいかがなもんだ。就職先ではどうしているのか、久々に連絡をしてみよう。 ■ リンクを貼ろうとしたが、どうもsafariでは簡単にできないようだ。IEブラウザで表示されるものがsafariにない。できるやり方を探そう。 ■ ああ、もう、うまく改行もされないな。もう家を出る時間が迫っているのに。IEではどうだろう。ちゃんと改行されているのか。いや、もう家をでるぞ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
菅野君に影響されて■をよく使うようになったのを思い出しましたw
これからよろしく!
kawabata 2008/02/08(Fri)12:01:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]