忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
169  168  167  165  164  163  162  160  159  158  157 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 こんにちは、吉澤直晃です。
 「火曜は授業を入れてないー、お休みだー、あっ、ここに川端さんオススメのサウンドノベル『うみねこのなく頃に』があるぞっ!」ってことで昨日から三十時間ほどぶっ続けで考えつつメモを取りつつ楽しんできました。以下、内容的にはあまり踏み込まないように注意しながらの感想です。が、「絶対に微塵も先入観の欠片すら抱きたくない」という方は続きをお読みにならないでください。

 ヴァンダインの名前を見たときは個人的にとても懐かしかったです。前作を読んだことがないので何とも言えませんが、作者の癖として、純粋に情報や論理の他に、人物の仕草や表情、情報の使われる文脈や明かされるタイミングなど、プロットをリアルタイムで追っていないと気が付かない部分に伏線を仕込んでいるような気がします。

 しかし何というか、作中でも詭弁合戦というようなことが言われていましたが、作品全体に暴力的な意思が漂っていますね。推理が不可能だろうが事件の全てが(或いはどこかのディテールが)幻想だろうが続編で新情報が山ほど出て何もかも滅茶苦茶にひっくり返ろうが有無を言わせまいとする欲望というか。結局は一筋の言い訳を通せば展開などいくらでも後付け可能なのです。例えば秘密の抜け道を否定する文脈でヴァンダインの名が提示されていましたが、逆に彼の名を提示したことで作中のどこかに秘密の抜け道を取り入れる口実ができたとも言えるわけです。

 コンセプトは「アンチファンタジーvsアンチミステリー」でしたっけ。これだって言い換えれば「ファンタジーでないものとミステリーでないものの対決」であるわけで、「ファンタジー+ミステリー=全て」と証明できないのだから、「ファンタジーでない=ミステリー=推理可能」とも「ミステリーでない=ファンタジー=推理不可能」とも言っているわけではない。要は「何かαと何かβの戦い」でしかない。α=βの可能性だってなくはない。

 極端な話、上では「一筋の言い訳を通せば」と書きましたが、そんなことはお構いなしで予想を裏切ってくるかもしれません。もっともそんなことをする現実性はエンターテイメント要素を維持する以上、そして作品から感じる暴力的な反骨心の効果的な成就を考えた以上、ちょっと考えられませんけれども、可能性としてはアリなのでしょうね。そんな永劫回帰と可能的世界に対する肯定的な考え、これは謎を考える上でちょっとしたヒントになりそう、かも??

 ネットなどの推理や情報はたぶん見ません。しばらくは一対一で向き合ってみたい作品です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はやっ
もう3話まで終わったの?!
kawabata 2008/10/23(Thu)02:03:54 編集
 どうもです。
 連絡つかなくてすみませんでした。
 先週の水曜に3話まで読み終わりましたよー。
 秋の夜がなんか短かったです。
 紹介して頂きありがとうございました。
【2008/10/29 19:41】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]