忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
293  292  291  290  289  288  287  286  285  284  283 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


IO7.jpgさて、いよいよ第十二回文学フリマの日が近づいてまいりましたね。
さっきまでゆりいかさん(@yuriikaramo)の配信する文学フリマの楽しみ方Ustream配信を見てて、にわかに盛り上がってきたのでブログ更新です!

InsideOutは1年ぶりになる新刊、vol.7をひっさげて参加します!
表紙はInsideOutスタッフ兼LATHREAP.DESIGNの MITSUI TAKAHIRO(@PIRO_HYPER)がデザインしてくれました。っかっけぇ!当日のお目見えをお楽しみに!

内容としては小説が多めですが、批評・イラスト・写真・漫画の投稿あり、InsideOutの企画として破滅派・「  」MAGAZINE・けもの社の3サークルにインタビューを行っています。

・Text
小説では、吉澤直晃の連載小説「レミニセンス」の3.5話を掲載。
また、前号で連載を終了した「長い手紙」の作者であり、InsideOutのスタッフでもある本多篤史の新連載プレセッション」が開始。また新たに秋野繁文もうひとりの自画像」の連載も始まりました!

読み切り作品では破滅派同人でもあるアサミ・ラムジフスキーの器用な容器」、早稲田文芸会で活躍する酒井貴裕の耳と目のかもめ」、佐藤達弘「愛憎劇」など、新たな投稿作家から濃厚な作品が多数集まりました!前回からの参加者哀川空の新作「紙片的お菓子箱」や、批評として市川純の「ライトノベルの文学化」も掲載。読み応えのある作品ばかりです!

・Visual
イラストでは前回に引き続き、カナダの百人展に出展中の望月宗生が新作を投稿してくれました!これがまたヤバい出来。必見です。写真では2枚1組で奇妙な一致を見せるGirls like...シリーズでお馴染み、のびの新作Girls like ~daifuku~を投稿してくれました。絵本的なタッチで描く新人にわゆうこの作品、そして毎回これが楽しみな人もいるという噂、nemuinaの4コマ漫画「4コマでほっとひといき」ももちろん掲載しています。

・Project
また今回はインタビュー企画として、破滅派の高橋文樹氏に革命について、
「  」MAGAZINEの吉永勇輝氏・野条友史氏に文学とデザインの共存について、それぞれたっぷりと話を伺ってきました。
また、「良い雑誌」という知る人ぞ知る雑誌を発刊しているけもの社のインタビューも掲載しています。

ざっとこんな感じです!Twitterではつぶやいてましたが、インタビュー文字起こし大変でした。。
他のサークルさんで普通にやってるのがありえないですね。
みんなも苦労して作ってるんだなぁ。。

とりあえず直前ですが告知でした!
文フリみんなきてね!

告知と言えば、次のIEは7/2です!テーマは”Orchestra”。
皆でその場で創作して声に出して読んだりしたら面白いんじゃね?!
的なノリです。大体内容決まってきましたが、もうちょっとしたら正式に告知します!

さーーー当日配るぞ!手伝ってくれる人募集してますよ!
川端でした!
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]