忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
290  289  288  287  286  285  284  283  282  281  280 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



どうもこんにちは、スタッフの本多です。

本日は正午頃からスタッフでデザフェスやIE、文学フリマに向けたミーティングと作業を行っておりました。

さて、久々ですがイベントの告知です。毎月恒例のIE、3月はお休みさせていただきましたが、今月は開催いたします!

そしてなんと、今回は『Pen』や『AERA』をはじめ、数々のメディアに取り上げられている渋谷の【Only Free Paper】さんにて開催いたします!

実は昨夜も代表の石崎さんと打ち合わせをしたり食事がてらお話をさせていただいておりました。フリーペーパーの中でも数少ない文芸系としてOnly Free Paper開店前からInside Outのことをご存じだったそうで、とても嬉しく思っています。

以下、イベントの詳細になります!



【Inside Explorer vol.24 “micronovel”】

■日時
4/23(土)20:30~22:30 現地集合
→本来20:00閉店のところ、営業時間を変更していただきお店の中でちょっとしたイベントを行います。

■場所
Only Free Paper
東京都渋谷区渋谷1-22-11 Kビル 1F
http://onlyfreepaper.com/top.php

■費用
\500(フリードリンク)
※イベントに参加せず入場のみの方は無料です

■必要なもの
筆記用具
(こちらでもある程度はご用意いたしますが、当日は人手が多いことが予想されるため、できればお持ちいただけると助かります。)

■企画内容

1.東京百物語

4月23日当日の行動を振り返って、それを大きな地図上に可視化していこう!という企画です。小さな物語を集めて、『東京』という大きな物語を一緒に作っていきましょう!

2.Short-Short-Short

小説や物語は難しいもの。時間がかかるもの。確かにそういうものもあるけれど、『物語を作る』っていうことは実はそんなに難しいことじゃない。テーマは『約三行の物語』。三行で作れる物語を体験してみましょう。そんなの簡単だ!という上級者へはちょっとした課題もご用意しております。

3.Explession(参加任意)

上記のワークからモチーフを探して、ある程度まとまった量の作品を書いてみましょう。紙に書けるものであれば小説や詩・絵やマンガなど媒体は問いません。創作の“場”だからこそ書ける、意外なものが見つかるかも!?(画材はご用意しておりませんので、ご自分でお持ちいただければと思います。)



企画の詳細は以上です。

今回はOnly Free Paperさんの全面的なご協力をいただき、文学フリマに参加している他サークルの方などもお誘いいただく予定です。せっかくの機会ですので、『話題のお店を見てみたい』『いろんな人としゃべってみたい』という方もぜひご参加ください。

どなたでもご参加いただけますので、興味のある方はlets_inside_out@yahoo.co.jp    までご連絡ください!



それでは、現地でお会いしましょう!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]