忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
185  184  183  182  181  180  179  178  177  176  175 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ようやく一年が終わったらしいですよ、川端です。
みんなそろそろ実家へ帰ってしまう頃。
千葉が実家の僕は帰ろうかどうかをひどく悩むところですが、
たまには帰らないと親不孝者としても
あまりに良心が痛むので、帰ろうかと思っておりますです。はい。

さて。
表題でお伝えしたとおり、Amazonアソシエイト(アフィリエイト)の
認可が下りたので、早速つかってみたいと思います。
僕がやると漫画の紹介ばかりになってしまいそうですが、
そのうち本多や吉澤君に助け舟を出してもらいたい。



記念すべき一回目のご紹介はこちら。



保坂和志『アウトブリード』です。
今読んでいる本です。

保坂さんをはじめて知ったのは大学2年とか3年とか、わりと最近のことで、
友達の本の虫に『この人の閾』を薦められたことが始まりでした。

当時読んだはずですが、全然記憶に残っていないところを見ると、
難しすぎて良くわからなかった様子。

それからずっと忘れていたはずなのですが、
最近本棚を見ると、何故か、『アウトブリード』が入っており、
いつの間に購入したのやらわからないままに読み進めてみると、
自分の「言葉」の使用はもしかしたら凄く古いんじゃないかと、
不安になりました。

保坂さんは言葉を顕微鏡やその他の精密研究機材のようなものとして
用いるべきだと考えていて、それに比べると僕の言葉の使い方は
虫眼鏡以下で、しかもてんでピントが合っていない・・・

そんなことを考えさせてくれるエッセイ・書評集です。
僕の認識では保坂さんは、小説よりエッセイの方が面白いかもしれない。



とまぁ、こんな具合になるわけですね??
そうですかそうですか。
まぁ、毎回本を紹介できるわけでもないですし、
気ままに使って行きたいと思います。

それでは、今日はこの辺で。ではまた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]