忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
193  192  191  190  189  188  187  186  185  184  183 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 
 こんにちは、吉澤直晃です。

 あけましておめでとうございます!!。

 きょう後藤明生『挟み撃ち』を買ったのが伊勢崎smarkという北関東一大きいらしいショッピングモールの中にある本屋なのです。普段は池袋のジュンク堂でお買い物していて、この『挟み撃ち』いつ行っても在庫がゼロっていたのですけれどもsmarkなぜか講談社文芸文庫の品揃えがよろしい。小島信夫もリービ英雄も古井由吉も多和田葉子も、とかくジュンク堂で品切れしている商品が勢ぞろいしておって僕は興奮したわけであります。

 まあウェッブで注文しろよなんて声も多々「吉澤直晃議会」で聞かれるわけですが、保守派の与党としては実物を前にあれこれ考えるのも読書の一環という思想を持っておりまして、パラパラ吟味のつもりが一冊丸々読み通してしまう或る意味忌むべき現象の楽しさは否みがたく、生まれ育った国同様解散総選挙には至りません。本屋イコール誰かの蔵書と妄想してしまう癖もあり、店によって品揃えが違うのもやむなし、むしろ逆に愛着が沸いてしまうこれを病気と処するか一度議題に挙げようかとも思いますが、真剣に考える暇があるときに限って抑圧されて出て来ません。

 smarkの書店にしたってレーモン・ルーセルを入荷する気配はなく『ロクス・ソルス』は別の書店で買うことになるでしょうそれもまた一興でございます(『アフリカの印象』はヒツドクですよ!)。またジュンク堂にしても怠惰なわけではないでしょう(ナンシー『無為の共同体』が入荷されていたときは感動しました)。ここまで書いて「どの書店にしたって出版社に注文してくれるだろ」とまた野党からツッコミが……だから少なくとも私の中では政権交代が起こらないのです……本屋を渡り継いで探し回るのがオツなのですよ、と。

 肝心の(子供、磯崎著ではなく)『挟み撃ち』は考えていることにフィットして、そのフィットしすぎな様が逆に不安だったような気もします……個人的に芸術の評価はどれだけ戯れられるか(読み返すでも読み返さないでも、思い返すことができるか、考えを巡らすことができるか、要するに愛せるかってことです)にかかっているのですが……割り切ることのできる見通しみたいなものがサッとよぎりました。ただ後藤氏の距離感というか、書いている場所というか、まあつまれば文体なんですけれども、それはもうホント大好きです。

 え、と、……また野次が。「何が言いたいんだ」ですって。知ったことではありません。それでは今回はこの辺で。読んでいただきまことにありがとうございました。感謝いたします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]