忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
306  305  304  303  302  301  300  299  298  297  296 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


どうもこんにちは、スタッフの本多です。

最近すっかり春めいてきまして。私のダイエット計画も気候がよくなるにしたがって着々と進行中です。

ぼーっとしているうちに2週間が経ってしまいましたが、前回のInside Explorerのご報告をさせていただきます!



■Inside Explorer vol.33 『Life』

DSC_0031.JPG







前回のテーマは『生活』!毎日何気なくやっていることが人によってどれだけ違うのか、そういった点にスポットを当ててお話をしていきました。

1.イントロ

今回から【word map】という方法を導入しました!生活というキーワードから連想される言葉を、好きか嫌いか、良く使うかどうか、などの観点からマップに起こしていきました。思い描く言葉、人によって全然違って興味深いものがありました。

2.百物語

今回も前回同様、1であげた言葉をもとにキャッチコピーとエピソードを用意してもらい、みなさんにお話しをしていただきました。僕が個人的に最も興味深かったのは、『家で常にヘッドホンをつけている』という方のお話。そういえば僕の今住んでいる家も線路沿いにあり、電車が通るたびテレビの音が聞こえなくなったりするのですが、それを話すとビックリされる方もいます…。

3.創作!

というわけで以上のやり取りを踏まえて、また参加者みなさんに創作をしていただきました!今回はテーマがテーマだけにみなさん悩みながら書いていたり、できあがっても首をひねったり…。少々書きづらいテーマ設定だったでしょうか…。

そんなこんなで今回のIEも楽しく終えることができました!12月の文フリでの発表に向けて、作品がどんどんたまってきております。今から編集作業が楽しみでしょうがないですー!



さて、それでは次回のIEのご案内です。



■Inside Explorer vol.34  『出会い、別れ』

今回のテーマはずばり『出会いと別れ』!四月を迎え、周囲の環境が変わった方も多いかと思います。出会い、別れの多い季節だからこそ話したいことがたくさんあるはず!あのとき言えなかったこんな話、誰かに聞いてほしい話、切ない話、自慢話…。

たくさん聞けるといいですねえ!

以下、日時等の詳細です。

■Inside Explorer vol.33 『encounters and farewells』

○日時:4月28日(土) 16:00~19:00
○会場:高円寺 みじんこ洞(高円寺駅より徒歩5分)
○会費:1000円(初回・学生の方は500円) フリードリンク付

参加希望はlets_inside_out@yahoo.co.jpへメールをいただくか、
twitterにて@shirubiyankeまで。

上にも書いたような流れで毎回進行しております。

簡単なイントロダクションのあと百物語のようなスタイルで参加者それぞれのお話を聞き、
最後には創作の時間をとり小品を書いて読み合わせをします。

毎回、一時間で書いたとは思えないほど興味深い作品が多く、
一見の価値アリですよ!

それでは、皆様のご参加お待ちしていますー!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]