忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
234  236  235  233  232  231  230  229  228  227  226 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



おはようございます、本多です。外は明るくてもカーテンを閉めると部屋の中は暗い。

今日は、前回のIE(第7回)で僕が書いた作品を書き直したものをあげようと思います。

今日はとりあえず冒頭だけです。

ちなみに前回のIEの創作のテーマは、「他人の好きなもの」を使って何かを書くことでした。

よって僕に与えられた使命は「羊」を登場させることです。しかし今日はまだでてきません。

それでは、暇な人は読んでみてください。

すがた」


ちょうどこんな、乾いた砂が舞うような寒い日だったと思う。彼は大きく濡れた瞳に僕を写して、「ありがとうございました」と言った。彼のこもったような、草原を歩く象たちの言葉のような低い声を僕はぼんやりと聴いていた。それは悲しく懐かしい歌だった。
 
 退屈な時間にもいつか終わりは来る。二十歳の頃技術と芸術の融合を志して虚無と闘うつもりでいた退屈な僕は、三年前にいなくなった。二十台後半で今尚両親に寄生しながらフリーのライターをしている僕を、二十歳の僕は想像していただろうか。午後九時過ぎ、ゴールデンタイムのドラマのオープニングを見ながら稲沢さんからの電話を切った僕は、いつものように途方に暮れていた。稲沢さんの仕事の依頼はいつも決まって難しいものばかりだった。僕は安楽椅子探偵のように、自宅でできる仕事が好きだ。それなのに彼女が持ち込む仕事はいつも決まって、自分の足で歩き、地面にはいつくばってネタを集めないといけないようなものばかりだった。冴えないOL(といってもちょっとその辺にはいない程の美人だ)が可愛い後輩とおしゃべりしているところでテレビを消して、机に向かって便箋とボールペンを取り出した。学生の頃の友人で、卒業と同時に故郷の北海道へ帰っていった奴がいたことを思い出したからだった。こなれた文章をしたためていく。階下から両親と弟の話し声が聞こえていて、部屋の中の時計やベッドや、書棚は僕の体から出る音を聞こうとして押し黙っているようだった。三十分で書き上げた手紙をすぐに送り、またテレビをつけて十一時台のバラエティを見始めた。
 
 
 
 返事は思いの外早かった。便箋一枚の簡単な手紙には取材については全く問題のないことや、久しぶりに会えるのを楽しみにしているという旨のことが書かれていた。携帯電話の連絡先が書いてあったので、電話をかけた。五年ぶりの会話は特に盛り上がるでもなく、簡単に日取りを打ち合わせして電話を切った。声が少し変わっていたように思う。学生の頃、彼の落ち着いた低い声はいつも何かを語りかけるようで、僕を少し不安にさせた。電話越しに聞いた彼の声に安心したのは彼の変化のせいだろうか、それとも僕の変化のせいだろうか。

※続く※






いかがでしたでしょうか。一つの試みとしてこのブログ内で完結させていきたいと思っています。いつになるかはわかりませんが。

次回のIEもよろしくお願いします!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]