忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
229  228  227  226  225  224  223  222  221  220  219 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんばんわ、スタッフの本多です。だんだん寒くなってきましたね。

既に川端君から告知済みですが、IE7のテーマが「objects」に決定しました。

日時、場所等は以前の記事を見ていただくとして、今日は目的や意味についてのお話を少ししたいと思います。

今回のテーマは「objects」です。subject = 主体・主題の対義語として「もの」と捉えられることが多い語だと思います。

川端君も言っていたように、身の回りの「もの」にちょっと注目してみようというのがおおまかな目的になります。

具体的な内容については、毎度のことですが秘密です。あらかじめ用意した答えをしゃべってほしくないからです。みんなでおしゃべりをしてから何かを書く、ということだけ知っておいてください。



さて、IEの当初の大きな目的の一つは「差異」を発見することでした。

そして今回はIE1,2に立ち戻り「言葉の意味」についての差異に注目したいと思っています。



例えば、「椅子」を想像してみてください。



それは、どんな形をしていますか?大きさは?色は?素材は?もっと言うと、その椅子はどこに、いつからありますか?



きっと全く同じ答えは一つもないでしょう。

それは、私たちそれぞれが持つ「イス」の意味が違うからです。

もっと言うと、実は「イス」は「もの」の名前ではないのかもしれません。

文章や絵画の世界は、私たちが普段暮らす世界と違って「わたし」と「もの」たちの境い目が、とても曖昧です。十分に気をつけて言葉を使わないと、読者はあっという間にこちらの世界に返ってきてしまいます。そういう世界は、とても怖くて難しいから。

イスという「subject」が、物語のなかでいったいどうしたら「object」として、私たちの「目に見える」ものになるのか、今回はそういうことを少し考えていきたいと思っています。



もちろん、いつものように難しい話はしません。なぜなら、言葉の意味をすり合わせることが目的ではなく、参加者それぞれが自由に、真剣に言葉を「使う」ことが私たちの目的だからです。

創作ではこちらが提示したテーマに則って言葉や絵を書いて(描いて)もらいます。月に1度、3時間だけでも言葉や表現の世界に真剣に浸って、自分と、世界と向き合ってみるのは楽しいですよ。でも、たまに少しいやな汗がでてきたりもします(笑)



説明不足のような気もしますが、今日はこの辺で。興味を持ってくれた方はきが~るにメールやコメントをください!メールの場合は

lets_inside_out@yahoo.co.jp

まで!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]