忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
108  107  106  105  104  103  102  101  100  99  98 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんにちは、スタッフの本多です。東京は最近梅雨空が続いていますね。

川端君も書いていますが、本多からも先日のミーティングの報告を。

雑誌の目指すべき方向と、私たちが世の中に届けたいものは何か、についてです。


まず、私たちが世の中に届けたいものは何か、ということです。多分に個人的な意見が入るのであしからず。

創刊以来一貫している詩のコンセプトは「自分の内面を『形』にすること」「表現の連鎖」「書き手と読み手をリンクさせる」の3つです。

私たちが目指すのはまさにこれで、言い換えるとこの雑誌を読んだ読者の一人一人が強烈に表現したいなにかを自分の中から発掘し、それを形にしていくお手伝いをすることです。

もしかしたら10000人の人が読んでも何も感じないかもしれません。しかし、たった一人だけはあなたの作品を読み、または見て、ひっくりかえってのた打ち回るかもしれません。

つまり私たちが世の中に送り届けたい作品とは、単なるエンターテイメント以上の、読む人、見る人の心の奥底を揺さぶるような作品なのです。

ノンジャンルだからこそそれを発信することができる。「素数の群れ」を世の中に届けることができる。私たちはそう考えます。




次に。詩の目指す方向性についてです。先日の文学フリマで私の詩集「童話」を販売したように、ゆくゆくはインサイドアウトの投稿作家の単行本を作っていくことが私たちの目標です。

そして雑誌自体の規模も、こんなものでは終われません。表現したい人たちが表現をする場として、公に認められる媒体の一つになれればいいと思います。




4号はやはりインサイドアウトのこれからにとって、大いに意味のあるものに仕上がると思います。

お楽しみに。投稿・メールもどんどんどうぞ。何かを表現したいという強烈な気持ち、その「1」があれば私たちが精一杯のお手伝いをします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]