忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんにちは、スタッフの本多です。

夏の日差しも梅雨空からちらほら顔を出しはじめましたね。

前回interestについての話を書きましたが、今回も引き続きその話です。

ミーティングでいろいろと話し合った結果、ページデザインとは別に読者を作品へ呼び込む「仕掛け」のようなものを用意してはどうかという話になりました。

よい文学作品の中には、粗筋や思想からかけ離れた、筆者の全存在がひらめくような瞬間があると私は思っています。

なので各作品(むしろ作者?)のイントロダクションとなるような印象的なフレーズをいくつか、視覚的な効果をつけて掲載してみてはどうだろうかと思っています。



まだ作ってはいませんが、2号の作品を例にとってページを作ってみるつもりなので、できたらアップします。

忌憚のない意見をよろしくお願いします。





もうひとつ。今読んでいる本の話。

今柳田國男の本を読んでいます。なかなかまとまった時間がとれず残念なのですが、とても興味深い作品たちです。

特に「山の人生」には世相を超えた人の真実の姿が垣間見えているような気がします。

近頃悲惨としかいいようがない事件が続いていますが、それらの根本にある「何か」をなぜかこの作品の中に感じてしまいます。もやもやしてよくわかりませんが。

やっぱり読書は大切ですね。

それでは、また。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]