忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



この間のミーティングの報告です。
3号通常版、及び4号について話し合いました。
未だ出せない3号通常版。
本当に、お待たせしてすみません。

3号通常版は、なぜ出ないかというと、カラーページの原稿が未だ揃わないからです。
予定の分が集まらず、現在あるものだけではページ割が上手くいかず。
一人で色々と考えてはいたのですが、結論は待つ、ということで落ち着いていました。
しかし、今回皆でこの問題を共有することで代替案が出ました。
もうそろそろ、出せる見込みがありそうです。

4号については、最初あまり議論が深まらなかったのですが、
途中AIDMA理論に沿って考えることを始めた後は、
トントン拍子で話が進み、現在Inside Outが抱えている問題点も
浮き彫りになりました。

我々スタッフが考えるInside Outの問題点は、AIDMAのI、
つまり興味を引く、という施策が足りないということです。
注目は集められるけれども、そこから読む、という動作に繋げるための
「何か」が足りない。

そうして問題点を明確に把握すると、どうすればいいのかも考えられるものですね。
フレームワークの便利さを痛感しました。
次回までに3人で解決策を持ち寄って、4号の方針を打ち出すつもりです。



そんなこんなで、盛り上がった今回のミーティング。
次回は29日、僕の誕生日だそうです。
24歳になります。まだ24歳か。。。

最近自分が自信を持つのにはどうしたらいいか?を良く考えますが、
それには時という要素が必要不可欠でもあり、早く歳を取りたいと願っています。
もっと、色々な経験を!まだまだ足りない・・・
焦りを感じる23歳。これ、生き急いでるのかな・・・?

川端でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]