忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
65  63  62  61  22  59  58  57  56  55  51 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



川端です。
今日はニュースがあります。
なんと!文学フリマ当選です!!

今日郵便受けに封筒が届いていました。
前回落ちたときと同じような封筒で、また落ちたかなー
と思って封を開けてみると、なんと当選通知。
やってみるものですね。。。!!

これでワセブンの人達に無理を言って
ブースを使わせて頂く必要がなくなりましたw
なにはともあれ、よかった。

手続きと入金を済ませれば、
あとは5月11日に向けて本を作るのみです。
もしまだInside Outを手に取られたことの無い方が見ていらっしゃいましたら、
そこで若干残っている創刊号及び2号も配ろうと思っていますので
是非お越し下さい。

まだ作品があまり集まっていない状況で、
3号はもしかしたら4月1日には間に合わないかもしれません。。。
ですが!最悪でも文学フリマには間に合わせます!
創刊号の二の舞にはなりません・・・!
がんばろ。

==================================================


この間、本多に進められた遠藤周作の「沈黙」を読みました。
江戸時代の切支丹迫害を描いた作品で、視点は日本に布教に来た司教。
日本における「神」とはなにか、そういったことを考えさせられる作品でした。
僕の通っていた幼稚園がカトリックだったのですが、
卒業の時にマリアを象った像をもらったのを思い出します。
日本人にとって必要だったのは、父性よりも母性だったのかもしれませんね。

ではまた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]