忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
68  67  66  65  63  62  61  22  59  58  57 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



川端です。
最近どこかで「男がブログを書くのは気持ち悪い」という記事を見て、
そういう考えもあるのかと思いつつ、今日という更新日を迎えました。
まぁ確かに気持ち悪いかもですね・・・自覚せねば。

「晩年」を読み終わる前に、
先日買った文藝春秋の川上未映子「乳と卵」を読み終わりました。
芥川賞作家の作品を、雑誌を買って読むというのを初めてしました。
こういうことはみなさんされているんでしょうか?やけに平積みされてましたが・・・
僕は同じ学部学科の綿谷りささんの時でさえ、単行本になるのを待ったんですけどね。
それだけ川上未映子さんに話題性があるということなんでしょうか。

「乳と卵」は関西弁でかかれた文章で、独特の軽快なリズムがありますね。
それによって、主人公のさばっとした性格や、ちょっと奇妙な物語も、
すんなり理解させられるのは、関西弁ってすごいなぁと思わされます。
文章にするにあたって色々と苦心されたと思いますが、そこはさすがプロ。
関東人の私にもすんなり読めました。
ただ、関西弁だとどうしても物語が軽くなりますね。
クライマックス、シリアスなシーンなのに、不覚にも笑ってしまいましたw
これも狙いだったんでしょうか・・・。

Inside Outの進み具合について。
もう編集作業に入って、完成した作品についてはイラレに起こし終わってます。
ただWordのファイルをイラレのテンプレに流し込むだけなんですが、
ちょこちょこっと文が崩れるので、それを細かく直したり。
さすがに三冊目ともなると慣れてきますね。
直し待ちのものも、出来上がりしだいイラレに起こして、ページ数を決めて・・・
普通の雑誌と違って、最初にページ数ありきではないので、そこからが大変です。

どんな順番にするか、そろそろ考え始めないとなぁ。
というわけで、スタッフのみんな。次のミーティングではその話をしよう。
それでは、また。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]