忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
90  89  88  87  86  85  84  83  82  81  80 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



川端です。
まずはスタッフのみんな、ちゃんと毎日書いてくれてありがとう!
うれしくていつもより早めの更新です。

最近考えていることで、「カリスマ性」とはなにかということがあります。
自分に圧倒的に足りていない要素だと思うから考えるのですが、
果たしてカリスマ性とは、具体的に何を指すのか?
ということを先ほど彼女と話していました。

彼女曰く、カリスマ性を構成する要素として、
「面白さ」が重要であり、面白くあるためには「サービス精神」が
必要不可欠だということでした。

人を楽しませたいという意識が結実し、人を楽しませることができる。
その人といると楽しいから、人が集まるようになる。
そこに、様々な要素が絡みあって、その人にカリスマ性が生まれる。

カリスマ性があると認める知人を照らし合わせてみると
全員確かに当てはまるな、と感じました。(田辺もそうだったよね、菅野君。)

喋りが上手いとか、そういったスキル以前の意識レベルで、
自分は至れていないのだなと、深く実感しました。



最近読んでいる本で、「Web進化論」という本があるのですが、
それによるとGoogleという会社はとんでもなく新しいタイプの会社で、
Webサービスを提供するためのシステムを徹底的に作っている。
その徹底的に作られたシステムインフラの上だからこそ、
ああいった様々なサービスが提供できるのだと、そう書いてありました。

Googleのサービスの根幹には「検索機能」がありますが、
その検索機能は、Web世界において「光」のような存在ですね。
Googleなどの検索機能に引っかからない=Web世界にあるけど見えない。(≒存在しない)
誕生してまだ十年程度のWeb世界。その世界をくまなす照らす光。

つくづく、すごい会社ですね~。Web世界の神・・・みたいな?w
なんでも、博士課程を卒業したエンジニアしか採らないとか。
Googleの伝説は既に枚挙に暇がないですね。

さて、明日も研修。
課題が山積みになっているので、おちおち寝れません・・・。
頑張ろう。



業務連絡です。
スタッフのみんなはブログを更新したら、
HPのトップの更新も行なってください。
あれは、手動ですwブログとは連携してないんです・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]