忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
126  125  124  123  122  121  120  119  118  117  116 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



会社でタバコを吸いに外へ出ると、
熱風がものすごくてびっくりしますね、
川端です。

最近はようやく仕事をふられるようになり、
まだまだ雑務ばかりですがそれなりに充実した毎日を過ごしております。

一回日記をサボると、近況報告したくなるのはなぜでしょう。。。



最近思うこと。
猫漫画が増えましたねー・・・
半年くらい前から少年画報社の「ねこぱんち」を購読しているのですが、
その頃と比べると猫漫画の増えようといったら!
猫を飼い始めたからか、余計目につきます。

面白いと思った猫漫画からお勧めをひとつ。
『チーズスイートホーム』 こなみかなた
こちらの作品は今まで読んだ猫漫画の中でも一番面白いです。
チーというキジ白の子猫が主人公で、
3歳くらいの男の子がいる家庭に拾われて
幸せに暮らしている、そんな漫画です。

母猫との別れや、友達との別れなど、
ノスタルジーを感じさせる描写が多く、ひきこまれます。

今現在、毎朝アニメもやっているようですので、
興味のある方はぜひ。



それにしても最近ノスタルジー(あるいはノスタルジア)という言葉が気になります。使いたくなります。
最近よく聴くACIDMANの曲で「香路」という曲があるのですが、その歌を聴いてから
反応が顕著になったように思います。

通り過ぎる衝動と募るノスタルジア

・・・



昨日友達と話していて、
本を読んでいる時に、たとえそんなに読みたかった本でなくとも、
時にその中の一節が妙に心に残ることがあって、
そういったフレーズというのは、自分が無意識に、あるいは意識的に、
必要としていたり、大切なものだったりするんだと思う・・・
といったようなことを言いました。

音楽もきっと例外ではなく、今自分にとって
ノスタルジーという言葉が大切なんだろうなと思います。

何故なのか・・・それを、暫らく考えてみようと思います。

それでは、また。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ノンスタルジアの犬
とりあえず見えるものを全て遮断し心眼でもって世界をみればノンスタルジーは何処でも現れるであろう。私アニータはもう子宮前の記憶のノンスタルジー、つまり仏の籍の記憶をゴボウの切れ端、みかんの白いやつ、タイヤの後、自分の足の裏の匂い、などなどで感じ取る事ができる。
猫にハマっているのですね。うふふ
その気持ちわかりますよ、ウフフ、、
猫は天界の伝達者。
かまけてやって下さい。ほほほ。

遅れてごめんね。飲みに行こう♪ほほほほほ!
衝撃告白人アニータ 2008/07/19(Sat)07:01:40 編集
Re:ノンスタルジアの犬
マジっすか、それはすごい。
心眼は会得してみたい能力のひとつですね。
アニータさんにそんな能力があるとは・・・
今度見せてもらいましょうw

この間は飲めませんでしたが、
今度また是非!!
【2008/07/22 01:07】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]