忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
177  176  175  174  173  172  171  170  169  168  167 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 こんにちは、吉澤直晃です。
 例によって何も考えずに書き出しています、それこそ例とは何なのかさっぱりわからないくらいに何も考えておりません。頭をからっぽにして書くと僕はどうも何という字を多用するらしいと今思い当たったのですが、この、~~が、もすぐに使いたくなってしまって抑えるのに苦労のし通しです。癖さん謝ってください。自業自得ですか。

 「死にたくはないけれど消えてしまいたい」なんて台詞を人生で数度数人から聞きました。お読みの方もそんな経験があるかもしれません「が」、きっと僕が少年時代よく掃除道具入れに自ら隠れて楽しんでいたときの感情とは違うのでしょう。しかしどんな感情なのか問うてもダイレクトに表せるわけもなく、コミュニケーション不能状態に陥ってっていうのは悲しいし、嫌いです。

 小説を書き始めたのは何故でしょう。知りません。気がついたら原稿用紙を買い鉛筆を走らせて徹した初夜の僕に尋ねても拳が飛んでくるばかりでしょう「が」、それではしょうがないので言語の一方面を強調してしまう性質に今一度屈して著してみますと、良い人間になりたかったのだ、その良いが何なのかまで執筆にて通じられる気がしていたのだと思います。そしていつの宵か良いが酔いに変わり、僕は次第に自分が透明になっていくと感じます。「死にたくはないけれど消えてしまいたい」、背後には、無に吸い寄せられていく、この世から消去されざるを得ない自己へ聞き手の関心を引き寄せる意図があるのでしょう。

 かの台詞を放った人達が今どこにいるのかは知らないし、偶然に出会ったとしても気がつかず、あるいは本人だと確信できなくて、いやできたところで素通りするでしょう。彼らは消えてしまいました。記憶も消えていく最中でございます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]