忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
114  113  112  111  110  109  108  107  106  105  104 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



川端です。
今日は研修最終日。
別れ、旅立ち、そして新生活へ。
今日はなんだか一日重い気分でした。

さて、先日のミーティングの報告です。
とりあえず、AIDMAのIはなんとかなりそうです。
色々とアイデアも出まして、それを全部やることになるかもしれません。
デザイン面も絡むので、木本君とよくよく話合って決めなくては。
見た目で面白い、読んでも面白い。
そして無駄に金がかかっている・・・
それがInside Outクオリティ!
みたいな方向性で話がまとまりました。

金をかけるからにはちゃんと広告も取っていかないと!!
今の所本多に広告の件は任せてあります。
僕らの財布が寂しくなるかならないかは彼にかかっています。
頑張ってくれ・・・たのむ・・・



色々と話しているうちに、「詩と小説は本質的に同じなのか」
というテーマで熱く語り合っていました。
本多と吉澤君、そして僕の三人で語っていたのですが、
三者三様の意見で、中々面白い話でした。
本多曰く、小説は殻をつくり、中に色々なものを詰める表現。
詩は中心に自分がいて、そこから言葉を遠くに投げて広げていく表現。
小説も詩もその全体が大きければより良い作品だということでした。
基本的には納得なのですが、
その例えだと殻はストーリーなんじゃないの?
ストーリーがあるかないかが小説と詩の違いなの?
などなど、色々と疑問も浮かびます。

一方、吉澤君は終始「詩と小説が目指す到達点は同じで、
その過程でジャンルを分けるのは間違っている」と一貫して主張していました。
詩的な要素がある小説もあるし、小説的な詩も存在する。
そう考えると、両者の境界線なんて確かに無い、と思わされます。



結局の所答えは出ません。出してはいけないものだとも思います。
そして今僕は、水風船の方が本多の例えにぴったりくるんじゃないかなー
なんて考えたりしています。
小説は水風船。詩はその水風船を割った瞬間・・・。

観念的なことばかりですみません。



そうそう、報告がもうひとつ。またメンバーが増えました。
小林真理加嬢です。紅一点!
えー・・・何て説明したらいいのやら、僕の彼女です。
前々から手伝ってもらっていたのですが、ようやく正式加入。
そのうちブログにも顔を出すかもしれません。

新しくメンバーも増え、O2Eの申し込みもしたInside Out。
今年は、躍進の年・・・そんな気がしてきました。
それでは、また。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]