忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
1  2  3  4  5  6  7  8 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


お久しぶりです、スタッフの本多です。

なかなかブログの更新ができずすみません…。

文学フリマも終わり、最近の僕たちはというと、7/2のInside Explorerに向けて着々と準備を進めております。

すっかり毎月恒例となった創作のためのワークショップ、Inside Explorer。普段は高円寺のみじんこ洞さん(ごはんがおいしい!)をお借りして開催しているのですが、7/2は、昨年末のオープン以来メディアの注目を集め続ける『Only Free Paper』さんをお借りして開催いたします!

渋谷、キャットストリートにある『Only Free Paper』は、日本で唯一のフリーペーパー専門店。日本全国のフリーペーパーがたくさん並ぶ店内は見るだけでも楽しい空間です。

実は、Inside Explorerをこちらで開催するのは4月に続き二度目。



『一体どんなことをやるのかわからない。』

というお声をよくいただくので、今日は4月に参加者の方に書いていただいた作品を一部ご紹介いたします!



◆企画説明◆
○Short-Short-Short○
たった三行でも物語は作れる!二人の会話&最後の一行で、物語を作ってみましょう、という企画。2時間のイベントで、50以上の作品が集まりました!



◆参加者の方の作品◆

「絶対サラダ!!!」
「お、私も!」
プリッツの好みが一緒だとうれしい。

→日常の何気ない風景。なんだかほっこりする二人の関係性が見えてきますね。

「ごめんなさい」
「お前の仕業だったのか」
彼は私をなぜかかばった。

→彼、私、彼を追求する人物。なんと三行の中に三人の登場人物の物語が!

「あ!」
「うん?」
の呼吸。

→こういった言葉遊びもなかなか楽しいですね。

「ありがとう。」
「ばか野郎。」
そんな一言じゃ済まされない年月。

→こういった気持ち、経験した方も多いのでは?

「いい加減許してあげたら?」
「残念ながらできないね」
私に情けをかけられるなんてかわいそうじゃない。

→こちら、僕が一番気に入っている作品。女性ならではの鋭い感性、特異な感覚が描かれていますね。





と、こんな作品たちが生まれました。

そして今度の土曜日、7/2のテーマは、『オーケストラ』

参加差全員で、一回限りの楽しい夜を楽しみましょう!

今回はスタッフだけではなく、ツイッターで賛同してくれた方や作者の方にもご協力いただき、いつもよりさらにさらに濃く楽しい内容でお届けできると思っています。

当日、何をするかは参加してみてのお楽しみ。

創作の楽しさ。顔を突き合わせて話すことの楽しさ。一人ではできない作品作りの楽しさをきっと体験していただけると思います。



普段から創作をしている、創作に興味のある方だけではなくて、「私は見る方専門だから…」なんて思ってる人もぜひ一度ご参加ください。



さきほど一部ご紹介したShort-Short-Shortで生まれた作品ですが、残りの作品もTwitter上で少しずつご紹介していきます。

読みたい方は

@shirubiyanke

をフォローしておいてくださいね。

それでは7/2、お会いできるのを楽しみにしています!

参加希望やご質問などはtwitterなら@shirubiyankeに@かDMを、
メールならばlets_inside_out@yahoo.co.jp までご連絡ください。 さあ、楽しいイベントにするぞー!
PR

IO7.jpgさて、いよいよ第十二回文学フリマの日が近づいてまいりましたね。
さっきまでゆりいかさん(@yuriikaramo)の配信する文学フリマの楽しみ方Ustream配信を見てて、にわかに盛り上がってきたのでブログ更新です!

InsideOutは1年ぶりになる新刊、vol.7をひっさげて参加します!
表紙はInsideOutスタッフ兼LATHREAP.DESIGNの MITSUI TAKAHIRO(@PIRO_HYPER)がデザインしてくれました。っかっけぇ!当日のお目見えをお楽しみに!

内容としては小説が多めですが、批評・イラスト・写真・漫画の投稿あり、InsideOutの企画として破滅派・「  」MAGAZINE・けもの社の3サークルにインタビューを行っています。

・Text
小説では、吉澤直晃の連載小説「レミニセンス」の3.5話を掲載。
また、前号で連載を終了した「長い手紙」の作者であり、InsideOutのスタッフでもある本多篤史の新連載プレセッション」が開始。また新たに秋野繁文もうひとりの自画像」の連載も始まりました!

読み切り作品では破滅派同人でもあるアサミ・ラムジフスキーの器用な容器」、早稲田文芸会で活躍する酒井貴裕の耳と目のかもめ」、佐藤達弘「愛憎劇」など、新たな投稿作家から濃厚な作品が多数集まりました!前回からの参加者哀川空の新作「紙片的お菓子箱」や、批評として市川純の「ライトノベルの文学化」も掲載。読み応えのある作品ばかりです!

・Visual
イラストでは前回に引き続き、カナダの百人展に出展中の望月宗生が新作を投稿してくれました!これがまたヤバい出来。必見です。写真では2枚1組で奇妙な一致を見せるGirls like...シリーズでお馴染み、のびの新作Girls like ~daifuku~を投稿してくれました。絵本的なタッチで描く新人にわゆうこの作品、そして毎回これが楽しみな人もいるという噂、nemuinaの4コマ漫画「4コマでほっとひといき」ももちろん掲載しています。

・Project
また今回はインタビュー企画として、破滅派の高橋文樹氏に革命について、
「  」MAGAZINEの吉永勇輝氏・野条友史氏に文学とデザインの共存について、それぞれたっぷりと話を伺ってきました。
また、「良い雑誌」という知る人ぞ知る雑誌を発刊しているけもの社のインタビューも掲載しています。

ざっとこんな感じです!Twitterではつぶやいてましたが、インタビュー文字起こし大変でした。。
他のサークルさんで普通にやってるのがありえないですね。
みんなも苦労して作ってるんだなぁ。。

とりあえず直前ですが告知でした!
文フリみんなきてね!

告知と言えば、次のIEは7/2です!テーマは”Orchestra”。
皆でその場で創作して声に出して読んだりしたら面白いんじゃね?!
的なノリです。大体内容決まってきましたが、もうちょっとしたら正式に告知します!

さーーー当日配るぞ!手伝ってくれる人募集してますよ!
川端でした!
 

InsideOut vol.7の感想ページです。
自由にコメントをお願いします。


こんにちは、、スタッフの本多です。

最近のInside Outはというと、OnlyFreePaperでのイベントを終え、本誌の編集に追われる中デザインフェスタにもブースを出展いたしました!

デザインフェスタでは『仮面』をテーマに、ブースに来ていただいた方にその場で手作りの仮面を作ってもらう、という企画を行いました。僕は当日行けなかったのですが、話を聞く限りでは多くの方に楽しんでいただけたようです。

また、はじめてOnlyFreePaperをお借りして開催したイベントも、20名程の方に参加していただいて楽しんでいただけて良かったです!当日作っていただいた作品も後日公開していくつもりなので(気長に)お待ちいただければと思います。



それでは、次回のIEのご案内です。

I}nside Explorer vol.25 『Tuning(チューニング)』

日時:5/29(日)14:00~17:00
会場:まんま みじんこ洞(高円寺駅徒歩5分くらい)
費用:1000円(2回目以降の方)、500円(初参加の方) フリードリンク付

今回のテーマは『Tuning』

その場で書いた作品を声に出して読み、音を聞きながら少しずつ修正していこう、という企画です。

もちろん、Inside Explorerらしく遊びを交えてワークをしながらワイワイできるよう企画を準備しております。

参加ご希望の方は

lets_inside_out@yahoo.co.jp

までメールをいただくか、twitterで@shirubiyankeにご連絡ください。

それでは、皆様のご参加お待ちしています!



どうもこんにちは、スタッフの本多です。

本日は正午頃からスタッフでデザフェスやIE、文学フリマに向けたミーティングと作業を行っておりました。

さて、久々ですがイベントの告知です。毎月恒例のIE、3月はお休みさせていただきましたが、今月は開催いたします!

そしてなんと、今回は『Pen』や『AERA』をはじめ、数々のメディアに取り上げられている渋谷の【Only Free Paper】さんにて開催いたします!

実は昨夜も代表の石崎さんと打ち合わせをしたり食事がてらお話をさせていただいておりました。フリーペーパーの中でも数少ない文芸系としてOnly Free Paper開店前からInside Outのことをご存じだったそうで、とても嬉しく思っています。

以下、イベントの詳細になります!



【Inside Explorer vol.24 “micronovel”】

■日時
4/23(土)20:30~22:30 現地集合
→本来20:00閉店のところ、営業時間を変更していただきお店の中でちょっとしたイベントを行います。

■場所
Only Free Paper
東京都渋谷区渋谷1-22-11 Kビル 1F
http://onlyfreepaper.com/top.php

■費用
\500(フリードリンク)
※イベントに参加せず入場のみの方は無料です

■必要なもの
筆記用具
(こちらでもある程度はご用意いたしますが、当日は人手が多いことが予想されるため、できればお持ちいただけると助かります。)

■企画内容

1.東京百物語

4月23日当日の行動を振り返って、それを大きな地図上に可視化していこう!という企画です。小さな物語を集めて、『東京』という大きな物語を一緒に作っていきましょう!

2.Short-Short-Short

小説や物語は難しいもの。時間がかかるもの。確かにそういうものもあるけれど、『物語を作る』っていうことは実はそんなに難しいことじゃない。テーマは『約三行の物語』。三行で作れる物語を体験してみましょう。そんなの簡単だ!という上級者へはちょっとした課題もご用意しております。

3.Explession(参加任意)

上記のワークからモチーフを探して、ある程度まとまった量の作品を書いてみましょう。紙に書けるものであれば小説や詩・絵やマンガなど媒体は問いません。創作の“場”だからこそ書ける、意外なものが見つかるかも!?(画材はご用意しておりませんので、ご自分でお持ちいただければと思います。)



企画の詳細は以上です。

今回はOnly Free Paperさんの全面的なご協力をいただき、文学フリマに参加している他サークルの方などもお誘いいただく予定です。せっかくの機会ですので、『話題のお店を見てみたい』『いろんな人としゃべってみたい』という方もぜひご参加ください。

どなたでもご参加いただけますので、興味のある方はlets_inside_out@yahoo.co.jp    までご連絡ください!



それでは、現地でお会いしましょう!

川端です。
寝ながらブログ更新。楽だ。。

先ほどからウチの猫が周りで走り回っています。
猫はトイレの後に走る癖があるらしいです。
トイレの最中は隙だらけ。野生の感覚では一刻も早く
その場から安全な所まで逃げたいのだと、
何かで読んだ気がします。家の中なのになー。


さて、今日は2つのお知らせです!

■望月宗生Websiteオープン!!
Inside Out6号にイラストを投稿していただいた
望月宗生氏のWebsiteを、Inside Outスタッフ兼
デザイン事務所LATHREAP DESIGN代表の三井氏が
丹精込めて作りました。先ほど0:00にオープンしたばかり。

望月宗生氏の絵の特徴は、シャープペンシルで描かれた
精緻な線。髪の毛の1本1本がフリーハンドで描かれています。

氏のシャープペンシルによる美の表現を堪能してください。

EKAF mochizuki shusei illustration

http://ekafs.com/index.html

是非ブックマークをば!

次はうちのサイトを全面的にリニューアルしたいところです。。w
何とか次の文フリには間に合わせます。
三井氏、頼むぜ!

こんなふうに、Inside Outはサイト作りなんかもやってます。(特に三井氏が)
三井氏のデザインセンスには毎回脱帽です。
もし仕事の依頼をしたい場合はご連絡を!
次はWordpressに挑戦するそうですよ!


■Inside Explorer vol.23『Interview 2』

さて、2つ目のお知らせは恒例のIEのお知らせです。

■日時 2/27(日) 14:00~17:00
■会場 高円寺 みじんこ洞
■費用 ¥1,000(学生・初回の方は¥500)

前回の内容からもう一歩踏み込んで、今回も『取材』をテーマにワークと創作を行います。
最近は新しく参加される方も多く、ワークも充実したものになってきているのを感じています。
もう今週末ですが、もし参加希望の方がいらっしゃいましたら遠慮なくどうぞ!


そういえば、文学フリマの申し込み受付がはじまりましたね。
申し込んでおかないと。。
ここをご覧の方で、申し込む予定の方はお早めに。。!

川端でした。

川端です。
久しぶりにIEの告知でない記事を書きます。
本当に久しぶりですよ。やっぱりノートPCは便利ですね。

今日はスタッフの丹羽ちゃんが展示をやっている、
池袋ロケットカフェに行ってきました。
ここで作品を紹介しちゃうのもあれですので、さわりだけ。
 

展示の名前は「Love letter for 365 days」。
丹羽ちゃんは自分で絵を描くひとなのですが、
今までその絵をあまり見たことがなく、
どういった内容の展示になっているのか見当もつきませんでしたが、
かなりいい感じでした。ほのぼのとしててほっこりします。
カフェそのものが展示スペース、ともいわんばかりに
色々なところにイラストやポストカードが置いてあるので、
もはやカフェとのタイアップみたくなってます。
お近くの人はぜひ!(写真はポストカードです)



最近読んだ本のなかで、面白いと思ったものをいくつか紹介します。
面白いと思うものって、自分で面白そうだと判断して買うよりも、
人から紹介してもらうものの方が圧倒的に確立が高いですね!
以下の2つはどっちも知人の紹介です。紹介してくれたお2人に感謝!

【小説】



人類補完計画ってエヴァにありましたよね。
あれを別の形で、達成する方法について書かれている、と僕は読みました。
SFですが、現代の延長として書かれているからか、それほどとっつきにくくはないです。
実際、前著『虐殺器官』はミステリーとしても受賞してたりしますし。
その後編とでも言うべき今作も、決してSFの枠に収めていい作品ではないと思います。

【ビジネス書】



「顧客満足」ってよく簡単に唱えられますが、
このザッポスという会社の事例を見れば、それがいかに
至らないものなのかがわかろうというもの。
この本の内容にはそれくらいの衝撃があります。
ザッポスをまだご存知でない方はぜひ。



余談ですが、小飼弾氏のブログなどは本当に欲しくなるように書いてあって、
すごいなぁと思います。いつかあんな風に書評だけのブログを立ち上げたいです。

それはそれとして、そろそろ7号について動きはじめないと。
投稿がちょこちょこ集まり始めていますので、
もし投稿を考えている方がいらっしゃいましたらお早めに!
第一次締め切りは今月末です!

それではまた。





























ブログ書けっていわれちまいました!
よっぱなう川端です。
今日はInside Explorer vol.22"interview"をやってました!

内容としては2人1組になってお互いの人生を語り合い、
面白いと思った部分を創作にしよう!というワークショップをやりました。

これがかなり面白い!

自分の事を語るっていうのはなんだかそれだけで照れますが、
興に乗るとちょっと面白くなってくるもんなんですねw
それに人の人生の話を聞くのも自分と違う人生があるんだってことを
リアルに実感できてすごく面白かったです!

今日は参加者のみんなもガチで面白いものを書いてくれて、
レベルの高い即興創作が出てきた回になりました。
Inside Out本誌にも載せたいなぁ。

今日は新波小説団、破滅派と、他のサークルさんからも参加していただいて、
楽しい回になりました。他のサークルさんもいっぱい呼びたいなぁ。

そして飲み会では今超話題のOnly Free Paper代表の石崎さんが来てくれました!
お忙しい中、まさかほんとに来ていただけるとは。。。
これからの紙媒体について、熱く語ったはず!

飲みすぎて途中で寝ちまったのが悔やまれます。。

そんなこんなで楽しい一日になりました。
次回は2/27の予定です!
皆さんお誘いあわせの上是非ご参加ください♪

アジアカップ決勝まだ0-0だなぁ。川端でしたー



お久しぶりです、スタッフの本多です。


先週の文学フリマからはや一週間がたちました。当日ブースにてInside Outを手に取ってくださった方々、ありがとうございました!


今回、Inside Out本誌の新刊はなかったのですが、それでも計300部ほどを配布することができました。


そして9月のInside Explorer特別版、合宿で作った絵本も4冊中2冊が売れました!(2冊とも交流のある方の購入でしたが…w)


そしてそして文学フリマ終了後、『奇刊クリルタイ』様主催の大交流会にて、我らが代表川端康史が、トークショーに出演いたしました!


と、まあ色々あった文学フリマでしたが、僕が当日買った本は『Daisy Chain vol.07』一冊だけでした。情けないことにお金もあまりなかったもので。。



それでは、本日はトークショーを聞いての感想と『Daisy Chain vol.07』の書評を書きたいと思います。


【トークショーについて】

第 一部で思ったことは、TOLTAってすごいなあということ。あくまでも表現する人としての立場を貫くっていうのは、規模が大きく、知名度が高くなればなる ほど難しいことだと思います。第二部の界遊、.review、マジレスとの対比もあって、TOLTAがやっていることはとても真っ直ぐでストイックに見え ました。次こそは買ってみようと思います。きっと。¥1000ってやっぱりハードル高いよなあ…。申し訳ないけれども…。


そ れから第二部。界遊、.review、マジレスの3者による壮絶なDISりあいw こちらのほうでは文学フリマの中で起こっているもう一つの形が見えまし た。『レーベル化』とでも言うとよいのでしょうか、作り手からプロデューサー、イベンターへの転換。一種のサービスを提供する側への転換が起こりつつあ る。特に.review、界遊については文学というフィールドからの大きな飛躍が印象的でした。第二部を通して見えてきたのは、Inside Outの役割。僕たちはやはり、作品の作り手でありたい。もっと正確にいうと、『この作品をこうやって発表したい』という思いよりも、『こんな作品を作り たい』という思いを大切にしていきたい。ちょっと抽象的すぎるかもしれませんがそんなことを思いました。


そ していよいよ第三部。第一部の途中でぐっすり眠っていた我らが代表もこの頃にはすっかり目を覚まし準備万端です。『文学フリマの今後』というテーマでした が、思い出話に花が咲いたりして、なんだか和やかなトークになりました。川端君もやさしい言葉で僕たちの思いをきっちり表現してくれたように思います。お 疲れ様です!


以上が、トークショーの感想です。ちょっと残念だったのは、人が少なかったことです。せっかくなのでもっとがっちり準備と広報に時間をかけて、より多くの人に見てもらえたらよかったなあと思います。


【Daisy Chain vol.7】

個 人的にファンであるこちらの団体。小説2本に短い漫画とイラスト(切り絵)がついています。毎回驚かされるのは、羽岡元(いまだに読み方がわからない)さ んの小説の文量と密度。今回も約140ページ中の92ページが羽岡さんの作品でした。本当にすごい。中身も、一貫して非常に心地よい密度と温度で描かれた 良い作品でした。次回にも期待しています!

もう一本の小説、彩世梨緒さんの作品は約30ページの作品。前半、繊細で精緻な文章でしっかりと作り上げてきた物語。最後の数ページでなぜか急加速してしまったのが非常に悔やまれます…もっと書き込んでほしかったかなあと…。


しかし相変わらず真面目でハイクオリティなエンターテイメント小説を作り続けるDaisy Chainさん。次も期待しています!


さ て、ここでイベントの告知です。先ほども少し触れましたが、僕たちが大切にしていきたいのは、『こんな作品を作ってみたい』『この気持ちをどうにかして人 に伝えたい』という思い。そのための企画として、創作のためのワークショップ『Inside Explorer』を毎月開催しています!次回の概要はこんな感じ!


『Inside Expolorer vol.21 “Etude”』

日時:2010年12月19日(日) 14;00~17:00

会場:高円寺 みじんこ洞

会費:初回¥500 通常¥1000

内容:3つの古典作品をとりあげて、それぞれが登場人物になりきって、物語に描かれていない部分を作り上げていきます!自分ひとりではなく、他人と一緒に想像力を膨らませながら作り上げいく物語。どんなものが生まれるかは誰にもわかりません!


参加したい!という方は是非、lets_inside_out@yahoo.co.jp

またはetude-dadaistique@docomo.ne.jp

までご連絡ください!


参加表明以外にも、疑問・質問・本誌の感想などいただけたら、とても嬉しいです!


それでは、皆様からのお言葉お待ちしています!

http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20101205


ご無沙汰しておりました。川端です。
もはやただのイベント告知ツールと化している当ブログですが、
やはりTwitterに慣れてしまうとおっくうになりますね。
ちょっと新鮮味を出すために、今日はipodから更新です。
フリック入力むずい…

今度のIEはなんと!
早稲田祭当日の11月6日に行います!
早稲田祭には出ませんが、ビラを配って学生を誘導します。

テーマは"conversation"。
会話について、僕たちの思うこと、みんなが思うことを話し合いましょう。

ワークショップでは会話のみで作品を書いてみる、
なんてことができればいいなと思っています。

Inside Explorer vol.20
■日時 11月6日 17:00〜
■場所 高田馬場近辺
■料金 1000円 ワンドリンク付き

皆、会話して生きている。誰と?自分と。あなたと。

学生をたくさん呼びたいので、
あさって3日はスタッフ総出でビラを作るそうですよ。
僕の家で。なんでやねん。

そうそう。

新しくスタッフが増えました!
紅一点!ニワちゃんといいます。
デザイナーのみっちゃんが入ってくれたのもそう昔の話じゃないのですが、

ずっと本多とほぼ二人でやってきてたのがなんだかもはやはるか遠い昔のよう。
出来ることが増えて、やれることが増えて。
にわかに忙しくなってきました。

来月は文学フリマ!

文フリ絡みのイベントも二つ程進行中です。
ご報告できるようになったら、またブログに書きます!



もちろん、告知以外の記事も頑張りますよ?

写真をもっと使ったブログにしたいなぁ。川端でした!
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]