忍者ブログ
自分の内面を「形」にする ---投稿雑誌『Inside Out』ブログ since 2007/11/15
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
広告掲載企業・店舗様
最新コメント
[06/15 DAISY CHAIN]
[06/26 安藤麗]
[06/21 木下裕恵]
プロフィール
HN:
川端康史
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/06/29
自己紹介:
『Inside Out』代表の川端です。
自分の内面を「形」にする。
こういった理念を持った雑誌である以上、私にも表現する義務があると思っています。
ここはその一つの「形」です。かといって、私だけがここに書き込むわけではありません。スタッフはもちろん作者の方も書き込める、一つの「場」になればと思っています。
初めての方も、気軽にコメントなど頂ければと思います。

mixi:kawattyan and Inside Outコミュニティー
アクセス解析
5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんばんわ、スタッフの本多です。今宵は毎月恒例となりましたInside Explorerの第6回目でした。私用で準備になかなか時間を割くことができず、ぎりぎりでの準備となりましたが、なんとか無事終わらせることができました。

以下、感想等を箇条書きで。

PR

ご無沙汰しておりました。本多です。

第6回Inside Explorerのご案内です。 

【日時】9月27日14時~17時
【場所】cafe miyama 高田馬場店
【テーマ】angle

集合は13時40分に高田馬場駅早稲田口付近です。
参加の応募はこのブログへのコメントか、または
lets_inside_out@yahoo.co.jp
までお願いします。


川端です。ご無沙汰してました。

今日の話題は

・IE5お疲れ様でした!!
・HPリニューアル!(まだ途中!!
・東大批評さんからの企画に参加します!
・合評会やろうよ

以上、盛りだくさんの4つでお届けしていきまーーーーす。

お久しぶりです、本多です。

週末はInside Explorer vol.5でした!

全体的な報告と個人的な感想です。


ようやっとネットが繋がりました!
川端です。

本多か誰かが更新してくれると思ったら、
誰も更新してくれないんだもんなーーーーーーー

久々ですが、
ちゃんとやることはやってます!


川端です。

いろいろあって引っ越しました!
詳細は自宅のネットがつながってから書きます~w

ネットがつながるまで本多が更新してくれる・・・
はずですw

作者の方々もぜひこの機会に更新してくださいな~♪
川端でした。


今日は本多にお願いしてフットサルに連れて行ってもらいました!
前から運動不足をどうにかせねばと思っていたのですが。

汗をこんなにかいたのはいつ以来だろう?

いいもんですね。運動も。
もっとフットサル上手くなりたいな。

こんにちは、Inside Outスタッフの本多です。mixiからごらんの方はカワバタ君ではないのであしからず。既に関係各位には連絡済みですが、IEの第5回の詳細が決定しました。今日はその詳細と意図するところについてお話したいと思います。

まず詳細から。
【日時】8月21日(金)21:00高田馬場集合~23日(日)18:00解散
【行先】埼玉県秩父方面
【費用】交通費・宿泊費・食費等全て込みで9000円
【テーマ】Inside Out 本誌への投稿、または公募の文学賞へ応募するための作品を書く

と、こんな感じになっております。


川端です。
基本的に流行モノには乗らない主義です。
(本質的にイイモノとして世間に受け入れられてきたと感じたら受け入れる主義
=アーリー・アダプター 参考:http://japan.internet.com/column/busnews/20090709/8.html 記事中盤)

いいものですよ?twitter。


暑いですね。。。川端です。

いよいよもって夏本番が近づいてきたような気がします。

そんな中行われたInside Explorer vol.4。
『sequence』、つまり「連続」や「シーンのつながり」「時間」
といったことについて語り合い、表現しあいました。

新しい人も多く来てくださり、
かなり有意義な話ができたと思います!
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]